サッカーシューズの選び方・おすすめ

こんにちは。
ゆーきコーチです。
茨城県水戸市でサッカーコーチをしています。  

 

まさる

お母さん!みんなカッコいい靴履いている!俺にも買ってよ!
そうね…でも、なにを買ったらいいのかしら?

まさるママ

サッカーをするのであれば、専用のシューズは必需品ですね。
ただ、なにを買ったらいいのか?注意点はなにか?悩むことも多いはず。  

ここでは、そんな『サッカーママ・パパ』の悩みを解決していきます。    

用途によって決める

  サッカーのシューズは用途に応じて、様々な種類があります。

HG(ハード) 土のグラウンド用
FG(ファーム) 天然芝のグラウンド用
AG(アーティフィシャルターフ) 人工芝用
MG(マルチ) 硬い土、長めの新型人工芝用
TF(ターフ)

天然・人工芝・土用

(主にトレーニングシューズ)

IC または IN(インドアコート)

屋内用

(主にフットサルシューズ)

HG?
レイザーラモン?

…なんだか分かりづらいですね。

とりあえず、スパイクはHG(土用)やFG(芝用)がなどあって種類が豊富。
TF(万能型)はトレーニングシューズだと思っておけばよし。
※ICまたはIN(屋内用)は体育館などでフットサルする時のみ。

ちなみに、見た目では ↓

スパイク

https://asics.scene7.com/is/image/asics/1104A013_600_SR_RT?$zoom$

出典:ASICS公式ホームページ

一般的に、サッカーの試合(屋外)で使用します。
靴の裏が少し長めのボツボツ(ポイント・スタッド)があるのが特徴です。
見た感じの通り、グリップ力が強いです。

ただし、固いグラウンドだと逆に滑りやすいため注意が必要です。

ちなみに、固定式と取替式の2種類があります。
※品数は少ないですが、一部だけが取り替え式になっているスパイクもあります。

固定式

ポイントの取り外しができません。

一般的にこちらが多いです。

取替式

ポイントが取り替えできるようになっています。

芝が長い・短い、雨で濡れている・乾いているなど、グラウンドのコンディションによって調整できるのがポイントです。

 

トレーニングシューズ

https://asics.scene7.com/is/image/asics/1104A014_600_SR_RT?$zoom$

出典:ASICS公式サイト

スパイク同様に、屋外でのサッカーに使用します。
スパイクと比べて、ボツボツ(ポイント・スタッド)が短めです。
そのため、グリップ力はスパイクよりも劣る反面、足にかかる負担が少ないです。

なので、個人的に小学生年代(特に低学年)はトレシューがおすすめです。

ちなみに、必ずしも公式戦=スパイクということはなく、トレーニングシューズで出場できる試合もあります。
注)地域によってはスパイクでなければダメ、ということもあるため確認しましょう。

 

フットサルシューズ

https://asics.scene7.com/is/image/asics/1104A010_601_SR_BT?$zoom$

出典:ASICS公式サイト

主に体育館など屋内でサッカーやフットサルをするために使用します。
靴裏がゴム素材になっていますので、屋外で使用するとめっちゃ滑ります。。
注)バレー用のシューズと似ているので、間違えないようにしましょう。

 

という感じです。
サッカーをする場所によって決めましょう。

ただ、用途によってシューズを変えるとなると、芝用・土用と考えるだけで2足は必要となってしまうので、おすすめはTFのトレーニングシューズです。

中学生になると、知識も増えてきて、使い分けたいという子が多いです。
まぁ、なるべく『自分のお金(お年玉など)』で買わせましょう(笑)


選ぶ時に注意すべきこと

サイズだけで買うべからず!

結論から言うと、実際に試し履きして買うようにしましょう。
足のサイズ(長さ)が22.0cmだからといって、そのサイズのシューズをそのまま買うと…

まさる

なんか、ギュウギュウで足が痛い・・・

これは、シューズによって『形』が異なるためです。
例えば、憧れのスーパースター選手が履いているスパイクがあったとします。
憧れて履く子も多いですが、『幅』が細くてギュウギュウで足が痛くなる、なんてことも多いです。
ギュウギュウ=接触部分の痛み、足の形が変形し怪我につながることがあります。

ちなみに…逆にブカブカなシューズを履いている子も多いです。
たまに、ゲゲゲの鬼太郎ばりに靴が飛んでいくことも…苦笑
サイズ間違い、というよりも『どうせすぐに履けなくなる』が多い理由ではないでしょうか。
ブカブカ=靴づれ、足裏の皮がむける、外反母趾の悪化などが起こりやすいです。

スポーツ店に行って、フットメジャーで足の長さ・幅・高さをはかってもらい、最適なシューズを選んでもらいましょう。
ちなみに、最近ではネット購入の方が安いため、試し履きをしてネットで注文する方法もありかと思います。
ただ、店員さんが親身に対応してくれときは、サービスの対価として店頭での購入をおすすめします。
「子どものために、ありがとうございました!」の感謝の一言。
お礼を言ってもらえた店員さん、その後も真摯に仕事をしてくれそうな気がします。

 

そのシューズはそこで使える?

スクール体験を経て、いよいよ通うことに!
・・・しかし、購入したシューズがそこで使えない。。
なんてことになったら、もったいないですよね。

まず知っておきたいのが、一般的にフットサル場でスパイクは禁止です。
それぞれの施設で異なりますが、たぶんほとんどスパイクはNGです。

ちなみに、体育館だとスパイクはもちろんトレーニングシューズも禁止の場合があります。
必ず、そこで使っていいシューズなのか事前に確認しておきましょう。

 

靴ひもは結べる?

小学生になってばかりだと、自分で靴ひもを結べない子は多いですね。
私のクラブでも、低学年生だと結べない子を見かけます。

練習している途中で、「コーチ、結んで〜」みたいな…
正直、めちゃくちゃ困ります…苦笑
さらに、試合中であれば審判に迷惑がかかってしまうことも。。

ただ、靴ひもが結べないことで一番困るのは子ども自身ですね。

練習中でも「もういいや〜」とわりきってプレーを続けることも…
怪我やパフォーマンスの低下につながり、マイナスしかありません。

そんな時は、マジックテープのタイプを選びましょう!

https://asics.scene7.com/is/image/asics/1104A009_100_SR_FR?$zoom$

出典:ASICS公式サイト

これなら、靴ひもが結べなくても安心です。
ただ、『子どもの成長』を考えて、早い段階で靴ひもを結べるようにチャレンジさせてあげましょう。


おすすめのメーカー

サッカーママ・パパから、「なにかおすすめありますか?」と聞かれることあるので、個人的におすすめを紹介します。

結論から言うと、国内メーカーのアシックスかミズノがおすすめです。
サイズ選びに注意さえすれば、ほぼハズレはないかと思います。

日本人は外国人と比べて足幅が広めで、アディダスやナイキなどの海外メーカーは日本人の足に合わないと言われています。

ちなみに、私自身のサッカー人生では、プーマから始まり(最初に買ってもらったのが嬉しすぎて今でも覚えています)、アディダスやマイナーブランドまで数々のシューズを履いた経験がありますが、今はアシックスかミズノのシューズを使用しています。

ただ、海外メーカーのシューズでも幅が広いモデル(ワイドモデル)の商品もあるので、「どうしてもアディダス!」みたいな時は試し履きをして購入ください。

個人的なおすすめ商品をピックアップしてみました ↓
※2020.2時点

スパイク

 

トレーニングシューズ

 

トレーニングシューズ(マジックテープ)

 


まとめ

たかが、子どもサッカーの靴選び。
されど、子どもサッカーの靴選び。

そもそも、ボールを買ってあげたり、シューズを買ってあげたりするのはなぜ?
もちろん、『本人のため』だと思います。

本人のためのはずが、軽い考えで買ってしまい、本人にとってマイナスになれば、本末転倒ですよね。

真剣に、こだわって選んだシューズ。

のびのびと、楽しくサッカーができることを願っています。

 

[参考記事] 【現役コーチが教える】初めてのサッカーで用意するもの|ジュニア(小学生)